インドのチャイ☆マサラティーに挑戦!

普段 サロンではあまり使わないような スパイシーなハーブを買い揃えてみました

 左からマテ茶ブラック・アニスシード・ジュニパーベリー・カルダモン・クローブ

並べて見ているだけでも なんだか楽しいです♪


せっかくスパイシーなハーブが揃ったので、インドの紅茶マサラティーを作ってみました


チャイ・・・って飲んだことありますか?


チャイというのは、水・牛乳・茶葉・砂糖で作られた

インドで飲まれている甘いミルクティーのことなんですが


日本でインド料理店なんかでチャイを注文すると、シナモンなどが入ったちょっとスパイシーな

ミルクティーが出てくることが多いかと思います


マサラティーは、チャイの一種で、スパイシーなハーブを数種類煮出して作ります

 

 

マサラティーの作り方


材料

 

・カルダモン 2粒

・クローブ  2粒

・シナモンパウダー 少々

・ナツメグ 少々

・ジンジャー 少々

・紅茶の葉

・水  100cc

・牛乳 300cc

 

(クローブは半分に折り、カルダモンは中の実が見える程度に指で割っておく)




①水とハーブを鍋に入れて、火にかけます


②ハーブのエキスが出たら、紅茶の茶葉を入れます


③茶葉が開いたら、牛乳を入れて弱火で加熱します


④茶漉しで漉して、お好みで砂糖を入れてできあがり



今回はいくつかのレシピを参考に作ってみました

砂糖をたっぷり入れて飲んだら 体も温まり、とってもおいしかったです


 
マサラティーのスパイスのブレンドに決まったレシピはなく、

それぞれ家庭によって独自のレシピがあるようです



 
シナモン、ジンジャー、ナツメグだけで作ったマサラティーなんかもあるようですね

これだけなら、簡単に揃えられるので、試してみてはいかがでしょうか



 
カルダモンやクローブは個性が強そうなので、ハーブティーで使ったことは殆どなかったのですが

カルダモンはスーッとした湿布のような香りで、

クローブはやはりハーブの中でも特に強烈な香りですね(´∇`;)


ザ・漢方薬!という感じです 体に効きそう~


でもこうして ミルクティーにして飲んでみるとおいしかったです♪